MOUSOU物件 :

週末は1日過ごせる農園公園計画!

スケール感がメガトン級!農地+100年古民家 現在は農地の利用に限定!
家賃 : 要相談

FARM’ SPARK

熊谷と深谷の市境にある、下増田地区。肥沃な大地では、小麦と米の2毛作が行われている、原風景の残る場所です。今回の案件はそんな場所に鎮座する畑+古民家になります。

過去

その古民家では、昔、養蚕が行われていました。今では、2階はおぞましい状況ではありますが、昔の柱梁のスケール感は圧巻の一言。息を飲む空間がそこにはあります。

一方、農地では、過去に小麦の生産し、名物の熊谷うどんになったり、ならなかったり。ライター個人的には、熊谷うどんは人に紹介するほどの大好物。作物の生産圏が近く、絶品に仕上げて提供するうどん屋(料理人)がいる所が熊谷のいい所だと、強いコシと一緒に噛み締めています。

現在

「農業は衰退産業だ!」とよく言われます。高齢化、担い手不足や海外からの安価な輸入など、厳しい状況にさらされているかもしれません。ですが、食への意識、多様な野菜の出現、オートメーション化やデジタルの発達により、少しずつ状況が変わってきているのでは、ないかとも思っています。スマホから、産地の野菜を注文できるし、無農薬野菜を育てる若い農家さんも増えてきました。食育という形で、子供たちと一緒に育てて料理して、食べるというサイクルを家族で参加できるイベントもよく目にします。

これから

無くしてはいけない産業。食という大事なインフラを次世代につなげていくために、この農園を面白くしていきたいなと思い、妄想しました。題して…

1日遊べる農園をDIYせよ!

FARM’ SPARK

ドイツにはクラインガルテンという場所があります。「小さい庭」と直訳します。自宅とは別に、畑、小屋を借り、休日はそこで過ごし、心身ともにリフレッシュする場所を作っています。みんなでそんな場所を作る過程から楽しんで作れたらと妄想しました。

各自の小さなレンタル農園があったり、その中央にはぶどう棚とバーベキュースペースを作り、大きなテーブルを囲み、みんなでご飯を食べたり。古民家では、野菜を中心としたカフェが併設され、自分の野菜を持ち込み調理してもらえたらいいですよね。みんなで生産したもので、ワインを作ったり、お菓子を作ってみたりして、美味しいをきっかけとしたコミュニティができるのも魅力的だなと思いますね!

是非、みなさんではじめてみませんか?

 

 

物件写真
妄想プラン

物件概要

敷金 / 保証金
要相談
礼金
要相談
駐車場
たくさん
建物構造
木造2階建て
土地面積
土地300坪程度 建物100坪程度
現況
写真の通り
設備
備考
取引様態
契約期間
物件番号
入居日
情報公開日

アクセスマップ